新年ももはや1/2月過ぎた

みなさま、いまさらですが、明けましておめでとうございます。
2017年は、最終大晦日まで大忙しで、みなさまも体調大丈夫でしたか?
大晦日のコミケはねえ、とにかく寒くて。。。なにしろ銀座で初雪降ったって? こっちはスペースすぐ横のシャッターが全開してたんで、もう風吹くとアカンっ。隣の席のお兄さんが立ったり座ったりして、あれはやはり「ジッとは座ってらんない」ということだったんでしょうかね。

「如月千早」ジャンルスペースで「高槻やよい」新刊ですみませんでした!
とりあえず、本のほかにやよいちゃんのシールと、オリジナルキャラの年賀はがきをおまけに作りましたが、通りかかった方々もお手にしていただけましたか? あのシールは色といい、BJ団2号サマが描いてくださったイラストといい、なかなかの出来だったと自負&感想をいただいております。

年を越して・・・
元日(「元旦」といったら「それは元日の午前中のみ」と言われた。知らなかったな)、毎年恒例「初日の出」を見て、氏神さまにおまいりして、築地行ってお寿司食べました。。。回ってるヤツだったけど。

とにかく、、、寒いですね。今もだけど。でも「電車のなかに13時間閉じ込められ」とかと比べれば、寒いのもなんとか。それに今の仕事先(事務系のほう)はとにかく室内が暑くてねぇ。それって幸せなことなのか?

今年もまた、『アイマス』二次創作したいです。
今年は、3月に神戸にも行く予定です。その時は『シンデレラ』系の作品も描く予定です。
ま、うちの小説は、とにかく日常生活モノなので! そのキャラクターさえ把握できれば書けるとおもうのよね~。
あ、お絵描きもしたいです。
みなさま、どうぞよろしくっ。
posted by 浅倉 ジュリー at 20:59Comment(0)日記

冬コミの話!〈あル☆ビぃ〉は12月31日(日)

また長らく留守にしました。
てか、12月はじめくらいに『Stand Up, Baby!』のその2を載せたと思ったのに、どうやらちゃんとUPしそびれていたようです。スマンっ。
で! 冬コミの話!
前にお知らせしておいたように、スペースは取れています!
そして新刊出ます!
その話をしますぞ。

サークル〈あル☆ビぃ〉●冬コミ3日目●12月31日(日)
スペースNo./東7ホール・東地区 “か” ブロック-26a

【新刊】Stand Up, Baby!2
    コピー誌/全48ページ/¥500
    本と同名の小説の後編掲載。
    高槻やよいメイン。高槻家兄弟ややよいチャンの学校生活を描いています。
    ちょっとたくさん、オリジナルキャラが出てきます。。。すまん。
    表紙画はBJ団2号サマに描いていただいております。
    あと、今回はおまけとして「表紙イラストのやよいチャン」を使い、
    ステッカーを作りました。あと、1日早い年賀状も付いてます。

・・・ということで。こちらには表紙&裏表紙のイラストを載せておきます。
やよいチャンはシンデレラ! そして兄弟が馬車? ははははっ。
Stand Up_表紙2.tif
posted by 浅倉 ジュリー at 20:35Comment(0)日記

小説お味見/『Stand Up, Baby!』その2

 新年が明けたと思ったらもうすぐ1月も終わりのこの時期。2月が1年で一番寒い季節となる東京だから、今夜も天気予報では低温注意と言っていた。明日の朝はバケツに溜まっている水に薄氷が張っているかもしれない。
 もちろん、外観に古さが見えるこの家では、セントラルヒーティングなどというものはない。庭に面している戸4枚の大きな掃き出し窓は、今は雨戸を閉めているが、それでもガラスと枠の間などに細い隙間が出来ているものだから、冷気がふんわりとではあるが入り込んでくる。寒さにはことさら注意が必要だ。
 子どもたちだけでは石油ストーブは危ない、でもなにもないのは寒くて可哀相だからと、電気ストーブは父親がどこからかもらってきたものがあるが、それだけでは部屋の隅々までは暖まらない。
 メインの暖房器具はみんなで入るコタツだ。一戸建ては床下からも寒気が伝わってくるし、古くて密封性の低いこの家では、今夜は早めに布団に入ってしまうのが一番だろう。
 さてそれで長介のおりいっての話。
 お願いがあるなら正座でしょ、とは、まだ小学5年生のやよいは言わない。
 長介も、4年生だから頼みごとの作法など知るはずもない。
「お願いって? 一生のお願いなんて、長介、むずかしい言葉知ってるんだね」
 えへっ。
 褒められたと思って長介が照れて頭を掻く。
 いやいや、そうじゃなくて――
 今一度、長介はおしりでにじり寄るようにやよいの前に近づき、浩司のまだ裸の背中にぶつかりそうになった。
 それに気付かないほど、長介は気分も体勢も前のめりになっている。
「おれグローブが欲しい…っ」
 腹に力を入れ、ひと息に言った長介の声と表情は、驚くほどに真剣だった。
 だが――
 対するやよいの顔は一瞬……よりももうちょっと長い間、長介を見ていたが、即答の返事はない。
 それよりも、やよいは作業の続きに顔を向け、
「ほら、浩司、ばんざいね」
 手は浩司のベビー服を持ち上げている。
 隣りにいる2年生の次女・かすみが「小さなママ」よろしく、自分もまだ小さい手であるのに、慣れた動きで浩司を抱えてやよいを手伝う。
 まだ1年生の三男・浩太郎は、「自分のことは自分でしないといつまでも自分の番は回ってこない」という経験が染みこんでいるだけに、すでに自分の服をさっさと着込み、コタツに入って暖かな麦茶をひとりで飲んでいる。
「おねえちゃーん、てれびぃ」
「浩太郎、もうマンガはやってないよ。ちゃんと前とめて。ボタンがひとつずれてるでしょ」
 自分の「一生のお願い」より、浩太郎のボタンのほうが大事なのかよっ!
 普段の長介なら、そんなことにイチイチ腹を立てないだろうに、今夜はちょっとイラ~っとしてきた。
posted by 浅倉 ジュリー at 20:19Comment(0)日記

小説お味見/『Stand Up, Baby!』その2

 新年が明けたと思ったらもうすぐ1月も終わりのこの時期。2月が1年で一番寒い季節となる東京だから、今夜も天気予報では低温注意と言っていた。明日の朝はバケツに溜まっている水に薄氷が張っているかもしれない。
 もちろん、外観に古さが見えるこの家では、セントラルヒーティングなどというものはない。庭に面している戸4枚の大きな掃き出し窓は、今は雨戸を閉めているが、それでもガラスと枠の間などに細い隙間が出来ているものだから、冷気がふんわりとではあるが入り込んでくる。寒さにはことさら注意が必要だ。
 子どもたちだけでは石油ストーブは危ない、でもなにもないのは寒くて可哀相だからと、電気ストーブは父親がどこからかもらってきたものがあるが、それだけでは部屋の隅々までは暖まらない。
 メインの暖房器具はみんなで入るコタツだ。一戸建ては床下からも寒気が伝わってくるし、古くて密封性の低いこの家では、今夜は早めに布団に入ってしまうのが一番だろう。
 さてそれで長介のおりいっての話。
 お願いがあるなら正座でしょ、とは、まだ小学5年生のやよいは言わない。
 長介も、4年生だから頼みごとの作法など知るはずもない。
「お願いって? 一生のお願いなんて、長介、むずかしい言葉知ってるんだね」
 えへっ。
 褒められたと思って長介が照れて頭を掻く。
 いやいや、そうじゃなくて――
 今一度、長介はおしりでにじり寄るようにやよいの前に近づき、浩司のまだ裸の背中にぶつかりそうになった。
 それに気付かないほど、長介は気分も体勢も前のめりになっている。
「おれグローブが欲しい…っ」
 腹に力を入れ、ひと息に言った長介の声と表情は、驚くほどに真剣だった。
 だが――
 対するやよいの顔は一瞬……よりももうちょっと長い間、長介を見ていたが、即答の返事はない。
 それよりも、やよいは作業の続きに顔を向け、
「ほら、浩司、ばんざいね」
 手は浩司のベビー服を持ち上げている。
 隣りにいる2年生の次女・かすみが「小さなママ」よろしく、自分もまだ小さい手であるのに、慣れた動きで浩司を抱えてやよいを手伝う。
 まだ1年生の三男・浩太郎は、「自分のことは自分でしないといつまでも自分の番は回ってこない」という経験が染みこんでいるだけに、すでに自分の服をさっさと着込み、コタツに入って暖かな麦茶をひとりで飲んでいる。
「おねえちゃーん、てれびぃ」
「浩太郎、もうマンガはやってないよ。ちゃんと前とめて。ボタンがひとつずれてるでしょ」
 自分の「一生のお願い」より、浩太郎のボタンのほうが大事なのかよっ!
 普段の長介なら、そんなことにイチイチ腹を立てないだろうに、今夜はちょっとイラ~っとしてきた。
posted by 浅倉 ジュリー at 22:05Comment(0)日記

きました、冬コミ!

嵐のONLYイベントから、早、、、あれ?1週間? なんかもっと経ったような気がするんだけどな。
その思い出はもうひとつ前の週の台風? 、、、なんか混じってますが。

そのイベントからこっち、風邪ひきまして。こんなしっかりと「あ、風邪だ」と思える風邪ひいたの、何年ぶりですかね。思えば、あのイベントの前に乗ったチョー満員電車で、まわりでゴホゴホせきが聞こえていたのがいかんかったのではないか。そして、暑いだの寒いだの、身体表面は冷たいのに、なんか汗かいてたりしたのもいかんかったのではないか、、、、
そんな反省してても仕方ないんだけど。

そして今日、Twitterの予告通りに冬コミの封筒がきました。
ありがとう、コミケの神様! なんと〈あル☆ビぃ〉、当選です。
しかし、東7ホール? いまさらの未知の世界。自分のスペースに辿り着けるんでしょうか?
その前に、新刊作らないとね。やよいチャンの小説の続き書かなきゃね。
それがさ。
うちの画伯も風邪ですと。ふたりとも風邪ひいてたなんて。しかもあちらは熱が下がらなくて大変らしい。
浅倉は、熱はあったのか? よくわからない。途中から咳が出て、夜眠れなかったのが一晩? いまは、その咳も治まったですけど、なんかこう気管支のあたりがね。ヘン。でも治ってきてはいると思うんだけど。

今日は、ちょっと長距離歩いて疲れたもんで。冬コミの詳しいことはまた後日。
早く風邪が完治するように今夜も早寝します。
posted by 浅倉 ジュリー at 22:33Comment(0)日記